Pocket

 

スーパーファミコンで

サウンドノベルが出たとき

ビックリしませんでしたか?

 

その1作目が

チュンソフトから発売された

「弟切草」です。

 

 

サウンドノベルとは

ゲームと小説を合わせたようなもので、

小説を読むように物語を勧めながらも、

自分の選択によってエンディングが変わる

という当時では画期的なゲームでした。

 

実は私、この弟切草、

発売されてからかなり経ってからプレイをしたんです。

 

だって、この弟切草が発売されたとき、

ゲームパッケージのイラストが怖すぎて、

プレイしようという気にもならなかったというのもあるのですが、

その他にもちょっとした理由で

ずっとプレイを避けていました。

ビビりと弟切草

ゲームのパッケージ通り

最初から恐怖感満載の弟切草。

 

車でドライブしているところから

ストーリーが始まるのですが、

 

深夜のドライブというシチュエーションからして

ビビりである私はかなり心臓バクバクでゲームを進めていた。

 

車が事故を起こし、

再起不能となったため車を捨て、

歩き始める主人公とその恋人。

 

すると、1軒の怪しげな洋館が姿を現す・・・

 

するとなぜか大量の蛇に追われ、

逃げるように洋館の中へ入る主人公と恋人。

→「入るな!せめて玄関で夜を明かせ!」(心の声)

 

1階でウロウロしていると、2階から物音が・・

 

もしかしたら家の人が

2階にいるのかもしれないと2階へ上がる

→「勝手に人の家歩き回ってんじゃねぇ!2階へ行くな!」(心の声)

 

2階に行くと、とある部屋のドアが閉まる。

そこに人がいるかもしれないとドアを開ける。

しかし、そこにいたのは・・・ミイラだった・・

→「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!」

 

ここで私のチキンハートが限界を迎えたので、

一度ゲームを中断する・・・

心が落ち着いたところでゲーム再開。

 

洋館をあちこち見て回る主人公と恋人。

 

回線が切れているはずなのに

突然鳴り出す黒電話。

 

覗き込むとナイフが飛び出してくる水槽。

 

怪しげな西洋人形。

 

そして、温室の扉に

赤い字で大きく書かれた恋人の名前・・・

→「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!」

 

ここで2度目の中断。

 

・・・こぇぇ・・

マジでこぇぇ・・

 

 

もう・・エンディングとか見なくていいかな・・

もうやめちゃおうかな・・・

 

そんなことを思いながらも

ゲームを進める私。

 

なぜチキンハートの私が

エンディングまで進めたのか?

 

それは最初に見たエンディングが

「実は恋人の弟が半漁人だった」

というエンディングだったから・・・

 

あまりにもバカバカしい内容すぎて、

逆に笑えたからです。

 

これで「弟切草」への恐怖心が

ちょっとだけ薄れた私は、

別のエンディングを見るため、

また最初から始めました。

 

しかし・・・

「ぎゃぁぁぁぁ!!」

やっぱりミイラの登場シーンでは(分かっているのに)

私のチキンハートはキュッとなるのでした。

弟切草とお風呂

怖いテレビや本を読んだあと、

妙に怖いのが「お風呂」

 

特に頭を洗っているとき目をつぶると、

なぜか瞼の裏に

さっき見た怖い映像が映りこんでくる・・・

 

何度も後ろを振り返ったり、

目を開けたままシャンプーしたりしながら、

なんとかその場を切り抜けようとするのですが、

どうしても拭えない恐怖感。

 

ええ、私もめちゃくちゃ怖かったですよ、お風呂。

 

特に弟切草の中にあった

「ふと鏡を見たら後ろに女性が立っていた」

というシーン

 

 

マジで怖すぎてマイチキンハートが

ぎゅうっとなりまして、しばらくの間、

お風呂場の鏡を見ることができませんでした。

弟切草の嫌な思い出

「オトギリソウ」という

実在する植物を知っていますか?

 

日本全土に自生している植物なんですが、

生薬として用いられることもあるらしいんです。

 

実は昔、

私のおばあちゃんがなぜか

この「オトギリソウ」を万能薬だと思い込んでいて、

「オトギリソウ」を摘んできては

乾燥させたり煮出したりしてました。

 

そして、私がちょっと風邪をひくと

「オトギリソウを飲め」

と煮出したエキスを飲まされたり、

ちょっと怪我すると乾燥させた

「オトギリソウ」

を擦り込まれたりしていました。

 

これがくっそマズイ!!んですよ。

飲みたくないけど、

おばあちゃんは「オトギリソウ」を

万能薬だと信じ込んでいるので、

飲まないとえらく怒られました。

 

この子供の頃の思い出が、

いまだにトラウマなんですよ。

だから「弟切草」というゲームを聞いた時、

本能的に拒否してしまったんでしょうね・・・

 

「オトギリソウ」・・・

どんな効果があったんだろう・・・

 

ーーーーーーーーーーーー

このゲームソフトが¥500!?

ついにレトロゲームマニア発
究極のゲームストアが完成しました!

え、Amazonだったら
¥1,000以上するゲームソフトなんですけど・・・

ウチのサイトなら ¥500です!

あなたに
昔のゲームを気軽に楽しんでもらいたい!
だから、ほとんどのゲームソフトを
¥500以下の値段で販売する!

俺は日本一、
いや世界一のゲーム販売者になる!
だから非常識な値段設定です!

レトロゲームマニアのゲームストア
↑ ↑ ↑
こちら

ーーーーーーーー
The following two tabs change content below.
サトコ

サトコ

AdvanceStoreの広報担当:サトコです。年齢は・・・ファミリーコンピューターより年上。ゲーム歴30年以上の主婦です。私のファミコンエピソードをサイトに書いてくれ!と店主のカワノさんに言われたものの・・・こんな昔話、誰が読みたいんだろう・・・と戸惑いながら、自由奔放に記事を書いております。コメントを頂けたら狂喜乱舞します。