Pocket

 

1989年、ゲームセンターで稼動を開始した

「ナイトストライカー」というゲームは、

コアなゲームファンなら忘れられないゲームでしょう。

 

操縦桿型でコントロールする

擬似3Dシューティングゲームとして登場した本作は、

「近未来の夜の街を疾走する」という独特の世界観、

圧倒的なスピード感、名曲揃いのBGMなど、

実に魅力的なゲームでした。

 

またコクピット型の筐体はボディソニック採用に加え、

多数のスピーカーによる圧倒的な臨場感を演出しています。

 

極端に出荷数が少ないゲームとして有名ですが、

それでもファンの間に強烈な印象を残し、

今でも多くのゲーマーが支持しています。

 

一時は「移植不可能!」とまで言われた

「ナイトストライカー」ですが、

ついに家庭用ゲーム機に移植されました。

それがMEGA-CD版「ナイトストライカー」なのです!

 

スポンサーリンク

初めての感想は「なんだコレ?」だが・・・

さて、

そんな「ナイトストライカー」ですが、

専門雑誌での第一報を見た私の感想は、

 

「なんだコレ?」でした。

 

とにかく画面が粗い!

自機はもちろん、敵キャラも背景も

ドットが大きく、とても見られたものじゃない!!

 

「こんなの「ナイスト」じゃない!」と思いましたが、

実際にプレイしてみると、私の感想は

 

「コイツはすげぇ!」

 

に変わりました!!

 

その理由は、

ほぼ完全にゲーム性が再現されていたからです。

 

「ナイトストライカー」の最大の魅力は、

そのスピード感、疾走感でしょう。

 

画面奥から次々に現れる敵キャラを、

夜の街に配置された障害物を避けつつ迎撃する・・・、

といった数々の魅力はアーケード版に近いものでした。

 

荒いドットのグラフィックも、

そのスピード感の中でプレイしていると、

それほど気にならなくなるから不思議です。

「ゲーム性の再現」が、グラフィックの再現よりも

重要だということを改めて思い知らされました。

評価の高いBGMは完璧!!

「ナイトストライカー」の評価の1つは、

名曲が揃ったBGMです。

タイトーサウンドチーム「ZUNTATA」による

軽快で疾走感を感じるBGMは、

ゲーム内容に完璧にマッチした名曲です。

 

MEGA-CD版「ナイトストライカー」は、

このBGMも、媒体がCD-ROMなのでもちろん完璧です。

ちなみにMEGA-CD版「ナイトストライカー」には

オリジナルのBGMとアレンジ版が収録されており、

ゲーム開始前に選択が可能となっています。

 

しかし私のオススメは、やはりオリジナルです。

 

アレンジ版が悪い、という訳ではありません。

むしろいい曲なのですが、実際のゲームを背景に流れると、

なんとも言えない違和感があるのです。

 

この辺は個人の好みなのですが、

やはりオリジナルがいいです。というか一択です!!

 

ちなみに、この頃のZUNTATAの曲は本当にいい!

「ダライアス」「ダライアスII」「レイフォース」

「ニンジャウォーリアーズ」「ウォーリアーブレード」などなど、

いくらでも名曲が出てきます。今聞いても素晴らしい!!

機会があれば、ぜひ聞いてください。というか聞け!!

何も足さない、何も引かないシステム関連

ゲームシステムも当然ながら同じです。

 

「ナイトストライカー」は全21ステージですが、

ステージAから始まり、クリアすると分岐点が出現し、

どちらかを選択することで進んでいきます。

つまり、1ゲーム6ステージ構成となっています。

ステージの変更や追加などはありませんのでご安心を。

 

その他、

 

  • 各種ボーナス
  • 最終ステージの自機の変化
  • 隠しボスの存在

 

などなど、

特徴的なシステムは再現されています。

 

ちなみにボーナスの1種で、

1ステージ中に1発も撃たず、ダメージも受けずに

ステージをクリアすると獲得できる

「パシフィスト(平和主義者)ボーナス」もあります。

 

当時、私を含めたプレイヤーは、

このパシフィストボーナスを獲得するため

必死にプレイしたものです。

 

「攻撃せず攻撃されない」という条件が意外に難しいのです。

もちろんMEGA-CD版でも難しい条件です。

コントローラーに難のあるメガドライブでは、

特に難しい条件と言えるかもしれません。

 

腕に自信のある人は挑戦してみてください。

レトロゲーム中では屈指の完成度

グラフィックを至高とするプレイヤーには

MEGA-CD版「ナイトストライカー」は

受け入れることが難しいかもしれません。

何しろ、ドットの荒さは折り紙付きですので。

 

しかし、ゲーム性はほぼ完璧ですし、

独特の疾走感も十分に得られる完成度です。

もしメガドライブ、MEGA-CDが稼動できるのであれば、

一度プレイしてみることをオススメします。

ゲームの本質が「ゲーム性」であることを再確認できますよ。

 

なお、ダウンロード販売などはありませんので、

今はプレイしにくい状況です。

 

MEGA-CD版以外の移植版としては、

 

プレイステーション版→「ナイトストライカー」

セガサターン版→「ナイトストライカーS」

プレイステーション2版→「タイトーメモリーズII 下巻」内に収録

 

以上のハードに移植されています。

 

この中でPS版、SS版は論外です。

ゲーム性の再現がまったくダメなので、

プレイする価値はないと断言します!!

 

MEGA-CD版が無理なら、

PS2版でプレイすることをオススメします。

細かい、本当に細かいところで不備はありますが、

グラフィック、ゲーム性とも満足できる完成度ですよ。

 

スポンサーリンク

ーーーーーーーーーーーー

このゲームソフトが¥500!?

ついにレトロゲームマニア発
究極のゲームストアが完成しました!

え、Amazonだったら
¥1,000以上するゲームソフトなんですけど・・・

ウチのサイトなら ¥500です!

あなたに
昔のゲームを気軽に楽しんでもらいたい!
だから、ほとんどのゲームソフトを
¥500以下の値段で販売する!

俺は日本一、
いや世界一のゲーム販売者になる!
だから非常識な値段設定です!

レトロゲームマニアのゲームストア
↑ ↑ ↑
こちら

ーーーーーーーー
The following two tabs change content below.
kawano

kawano

店主のカワノと申します。ファミコン・スーパーファミコンをこよなく愛するアラフォーです。レトロゲーム業界の革命児として日夜、ソフトのメンテナンス・電池交換に明け暮れております。