はい、どうも

レトロゲームマニアのカワノです。

今回は

  • ファミコン
  • スーパーファミコン
  • メガドライブ
  • プレイステーション
  • プレイステーション2
  • プレイステーション3

などのレトロゲームでの

ゲーム実況の撮り方

YouTubeへの動画アップのやり方

を説明していきたいと思います。

ちなみに必要なアイテムはたったの3つ

  • パソコン(ノートでも可)
  • ビデオキャプチャ
  • レトロゲーム機

この3つさえあれば

問題ありません。

ちなみに

パソコン→ビデオキャプチャにて

タイムラグが発生して

上手く録画ができないという人も

このブログを読み進めて頂ければ、

解決策を書いてますので

どうぞ、お試し下さい。

それでは、レトロゲームマニアカワノ式

ゲーム実況の録画環境の作り方

その全てを公開していきたいと思います。

ビデオキャプチャこれ一択

え〜先ずはパソコン上にゲーム画像を流すために

ビデオキャプチャーというものが必要になります。

で、レトロゲームマニアカワノがオススメするのは

これ一択です。

これさえあれば、マジで一瞬でゲーム実況可能です。

そして動画を録画するソフトウェアは無料の

Open Broadcaster Software

こちらからダウンロードできます(OBS公式)

使い方はメチャクチャ簡単です。

「ゲーム実況 OBS」でググると

めっちゃ親切に解説してくれているブログや動画があるので

そちらを見ましょう。

ゲームしか取り柄のない僕が

わかりづらい説明文をタラタラ書くよりも

あなたに「やり方」が伝わると思いますw

ちなみにmacで撮りたい人はこちらのビデオキャプチャーになります。

ちなみにmacの場合も使うソフトウェアはOBSです。

これだけでいつでも実況は可能!

とりあえず、ビデオキャプチャーを購入して

OBSをパソコンにぶち込んで設定すれば、

もうあなたは、

ゲーム実況者!

YouTuberです!

ちなみにこの接続状態のままでゲームをやると

0.1~0.3秒ぐらいのタイムラグが発生します。

RPGなどの動画をまったりと撮りたい場合は問題ないのですが

アクションやシューティングゲームなどの場合、

上手く撮れません・・・

その場合、高価なビデオキャプチャーが必要ですとか言ってる人いますけど、

そんな高いものを買う必要はありません!

庶民の味方!

レトロゲーマーカワノは編み出しました!

超安価にタイムラグをなくす方法を!

それがこちら!

これを買って

このように繋ぐのです!

そしてテレビ画面で実況すれば、

マリオカートの実況も

スターソルジャーの実況も

一切のタイムラグがない状態で撮れます!

(当たり前の話だがw)

ちなみにプレイステーション1〜3になってくると

画像が複雑化してくるのでタイムラグが激しくなります。

ちなみに2分配AVケーブルで

こういう便利なものもあるのですが、

なにぶん配線の長さが短すぎて

テレビの周りのごちゃつき度が増してしまいます。

なので、僕が紹介している2分配AVケーブルの方が

線の長さもゆったり取れるのでいいと思いますよ。

ゲーム動画を撮るために

ウン万円もするビデオキャプチャーを買った方がいいと

書いているブロガーがいますが

僕的にはそんな必要、一切ないと思います。

安く工夫して、良い道具を使っている奴らと変わらないクオリティの物を生み出す!

そこに我々、レトロゲーマーは価値を感じるのではないでしょうか!

ちなみにワイヤレスマイクがあると実況は超便利

さらに本格的な

「えぇ声〜」で撮りたい人は

レトロゲームマニアのヌヌヌ&カワノが使用しているマイク

これガチでおすすめです。

マジでええ声で実況できます。

ということで、

今回、レトロゲームマニアのカワノやヌヌヌのように

ゲーム実況がやってみたい(笑)という

奇特な人のためにゲーム実況のやり方を紹介しました。

特にタイムラグ問題はマジで2分配で一瞬で解決しますので

やってみて下さい。