【貧乏すぎて笑えない】不幸の連鎖が「ばよえ〜ん!」

【人生の強制リセットボタン】お前の今までの努力は無駄!と告げられた日

前回のプロフィールの続き

友人と起業するも
事業が上手くいかず…

友人が会社を去って
一人になってしまったが

事業を成功させたい!

一発逆転を目指していたカワノ。

しかし、さらなる試練が僕を襲います。

この頃、
僕の父親が「喉頭がん」になります。

ガンステージ2の状態でした。

不幸中の幸いで
ガンの転移はなかったのですが

入院して放射線治療・抗がん剤治療を行う必要がありました。

もちろん治療費にお金がかかります。

高額医療費制度のおかげで
抗がん剤治療などの治療費は
なんとかなりましたが

入院代などで
お金がめっちゃかかりました。

さらに追い打ちで
親父を心配していた母親が

痴呆&うつ病となりました。

施設に入居しました。

施設代が半端なく高いです…。

なんでこのタイミングで…。

ますます、
お金がかかります。

僕は、
自分の生活もままならない収入しかありませんでしたが、

自分を育ててくれた両親を見捨てるほど
非情な人間にはなれませんでした。

もちろん収入よりも
支出が大きくなったため

借金はドンドン増えていきました。

気づけば
借金300万円。

人生、オワタ。

僕は絶望のどん底にいました。

なんでこんなことになってしまったんだろう

後先、考えずに

「後悔だけはしたくない」

という想い

意地みたいなもんだけで
事業を続けてしまっているせいで…

最低限の収入しかない生活…

やはりサラリーマンに戻るべきだったのか…

両親を見捨てることなどできない!

お金の心配事が尽きない毎日…

お金がない

お金がない

お金がない

わあああああああああああああああ!!!!

僕は頭がおかしくなりそうでした。

不安で夜も眠れなくなる日々が続きました。

毎日、うどん!極貧状態のカワノ家

しかし、この頃のカワノ家は

マジで貧乏でした。

「極貧」という言葉は
まさにこの頃のカワノ家のことを指す言葉でした。

僕のバイト代と妻のパート代(お互いかなりフルに働いてました)

そこから会社のランニングコスト

両親の病院代が毎月かかります。

手元に残るのは月4~5万円。

家族4人

それでやりくりしてました。

家計は火の車でした。

携帯代が払えなくて電話がしょっちゅう止まりました。

(仕事で必要なので、即回復させるためにまた借金です)

やばいときは、電気ガスも止まったことがありました。

カワノ家は1玉5円の「うどん」が主食でした。

激安スーパーで
夜7時になると見切り品で売られる

「3玉15円うどん」を狙って買うのです。

それを大量に購入して大鍋で茹でて

自家栽培ネギと(根っこのとこを鉢植えに植えて生えてきた再生ネギ)

これまた怪しいディスカウントストアで
賞味期限切れ間近、10円で売られていた
缶に入った「そうめんつゆ」で

ストロングスタイルの「ぶっかけうどん」を作り

家族4人(妻と息子二人)で食べるのです。

野菜炒めも定番でした。

肉なんて入っていません。

もやしと炒り卵のみの野菜炒めです…。

(それはもはや、もやし炒めですw)

肉は、鶏も豚も牛も全て贅沢品です。

吉野家の牛丼が超ご馳走!

ポテチを食べることが富の象徴!
とされていました。

家賃が払えなくて妻の結婚指輪を売ったりもしました。

この話をすると

「そんな、アホな?」

「話を盛り過ぎだー!」

って言われますが

冗談でも嘘でもないです。マジですw

平成の世にこんな貧乏な家族がおってええの?
ってくらいの貧乏生活を送っていました。

もちろん、好き好んで
貧乏しているわけじゃないんですが

この頃の僕は
お金を稼ぐためにどーしたらいいのかわからず、

路頭に迷っていました。

節約節約の毎日。

でも、節約しているだけでは
収入は増えません…

いつまでこんな極貧生活を続けるんだ俺は…

いつまで嫁と子供に貧しい想いをさせるんだ俺は…

サラリーマンに戻った方がいいのか?

自分の信念を曲げず、
最後の最後まで自分で稼ぐ努力するべきなのか

毎日、悩んでいました。

本当に精神が崩壊しそうなぐらい
葛藤してました。

そして2016年も終わろうとしていたクリスマスイブ

僕に転機が訪れました。

僕は生まれ変わりたい!

いつもと変わらない貧乏な毎日。

クリスマスイブもカワノ家では平日と変わりません。

夜勤バイトがあったので仕事に行こうとしたら妻から

「これ、見て」と言って手紙を渡されました。

そこには息子の字で

——

サンタさんへ

クリスマスプレゼントはwii Uが欲しいです!

マリオメーカーが欲しいです!

学校でゲームを持ってないのは僕だけです。

みんなにバカにされます!

だから、絶対にwii Uをください!

—–

そう書かれていました。

妻から聞いたのですが、
息子はゲームを持っていないせいで

友達から「仲間外れ」にされて
泣いて帰ってきたことが何回かあったそうです。

僕はそれを聞いて自分自身が
中学生の頃、ヤンキーたちにいじめられていた

「悔しさ」

「情けなさ」

「だけど、何にもできない自分」

忌々しい記憶がフラッシュバックしました。

貧乏が原因で息子が学校でいじめられている。

あの頃の自分と同じ思いをしているのかと思うと

胸が締め付けられ息が詰まりました。

何とかしてあげたくても現実は厳しく

お金がない。

「ごめん、なんとかしてあげたいんやけど…そんな余裕ないわ…」

と妻に伝え、

「ホンマ、情けない親父でごめん」

息子の寝顔に謝って

仕事に行きました。

年の瀬。

クソ寒い倉庫での肉体労働を終え

朝、家に帰ったら

息子が泣きじゃくっていました。

プレゼントを楽しみに起きて
wii Uが届いてなかった。

サンタさんプレゼント持ってきてくれなかったー!!!

また、学校でみんなにバカにされるー!

イヤやー!

学校行きたくないー!

息子がぐずったりすると
「泣いてても、なんも変わらへんで!」
と普段は厳しい妻が

その時は優しく

サンタさんも忙しいからな、

今年はうちに来られへんかったんかな~。

ええ子にしてたら来年は絶対にウチに来てくれるよ。

ゲーム持ってないことでバカにしてくるヤツらは本当のお友達じゃないよ

そう言って息子を優しく抱きしめて
なぐさめていました。

それを影で見ていた

全俺が泣きました。

クリスマスプレゼントも買ってあげれない情けない父親。

学校で嫌な思いをしている息子を助けれない父親。

うどんばっかり食べさせている父親。

貧乏な生活。

なんでこんな事になってしまったんだ!

こんな自分いやだ! 俺は生まれ変わりたい!

ちゃんとお金を稼いで
息子にプレゼントを買ってあげたい!

貧乏から抜け出したい!

毎月、毎月
借金の返済に追われる人生なんて嫌だ!

毎日、毎日うどんばっかり食べる日々。

チクショー!

心の底から湧き上がってきた怒りに似た感情でした。

サラリーマンに戻るのがイヤなら
自分のチカラでしっかりと稼がないといけない!

それまで、
どこか甘ったれていた自分を見つめ直し、

もう息子を泣かしてはいけない!

家族を笑顔にしたい!

僕は本気で貧乏から抜け出してやる!

そう決意しました。

派遣の仕事にこだわらず、なんでもいい!

何かお金を稼ぐ手段はないのか

僕は真剣に探しました。

そして、ネットサーフィンをしまくって見つけたのが

「ビームせどり」という家電やおもちゃなどの

転売と言われるネットビジネスの情報でした。

ファミコンとの再会

クリスマスプレゼントにwii Uを
息子に買ってあげることが出来なかったカワノ…

息子に悲しい想いをさせたこと。

何かしてあげたい…

1mmでも息子を喜ばせたい…

そう思った僕は

某オークションサイトで

自分が昔やっていたファミコンを
息子にプレゼントとして
買ってあげることにしました。

wii Uはベーシックセットで定価¥26,250

対して

ファミコンは
某オークションサイトで¥3,000で買えました…。

なんとか親として子供を喜ばせたい一心で

ファミコン&スーパーマリオブラザーズを

生活が苦しい中でしたが
無理すれば、何とか買える値段でした。

息子は

「やったー!うちにゲーム機がある!」

「しかも、誰も持っていないマリオの凄いヤツ!」

無邪気に大喜びしてくれました!

僕はその姿を見て

来年こそは絶対に

wii Uとマリオメーカー

本当にお前の欲しい物を買ってやるからな!

と誓ったのでした。

↓続き

【ファミコンが人生を救った】レトロゲームマニアカワノの誕生