【サラリーマン葛藤編】俺の仕事ってボコスカウォーズみたいなもん

【ブラック企業への旅立ち】ロープレが大っ嫌いになった社会人カワノ

前回からの続き

派遣会社の仕事に生きがいを見出し

この会社で出世して
給料アップ&管理職になってラクしてやる!
という野望を抱き

一心不乱に働きまくっていた
レトロゲームマニアじゃない頃のカワノ。

仕事を通じて知り合った女性と結婚し、
子供もできました。

ポンコツ時代に比べると
やりがいある仕事を見つけて
自分に自信が持てるようになっただけで

なんだか僕の人生は
180度変わった。

全てが上手くいっているようにも思えました。

 

しかし、
人生というのは難しいもので

 

最初はあんなに楽しかった仕事なのに
2年3年と働いていると

心の奥底に眠る僕のポンコツ魂が

仕事に対する不満をつぶやきはじめるのでした。

俺こんなに頑張っているのに

「なぜ、給料が上がらないのだ」

「どうせ、給料が安いなら頑張る意味ないじゃん」

「一応、土日休みなんだけど、家にいても仕事の電話が鳴るから休みじゃないやん」

「ってか、なんでウチの会社ボーナスないねん!?」

「俺、いつもみんなが嫌がる仕事、回されてくるやん」

いつの間にか
会社に対する不平不満ばかり。

こんなに頑張っているのに
給料が18万円…

え!

入社してから
メチャクチャ会社のために尽くしてきたのに!

2万円しか給料が上がっていない!

そんなもんなの!?

僕は普通に焦りました。

そして気になったので
周りの友人に聞いてみました。

「さすがにその仕事量で、その給料はないな…」

ということでした。

人情では食っていけないのです!

不満がピークに達した僕は

自分の事を
社員に引き上げてくれた上司(恩人)に
思い切って聞いてみました。

「Sさん、僕の給料ってこれ以上、上がらないんですか?」

すると、Sさんも

「いや、カワノくん、僕もこの会社、今年で8年目やねんけど、まだ給料、手取りで22万円ぐらいやで」

「うちの社長、メッチャクチャ、ケチやから給料なかなか上がらんで」

と言われました…

・・・

・・

「ま、マジかよ…」

僕は愕然としました。

確かに派遣会社の担当の仕事は

一般的な肉体労働などに比べると、
ぶっちゃけラクな仕事です。

朝は普通に9:00出社だし

毎日のやることは

面接に来るスタッフに
派遣会社で働くとは!?みたいなルール説明して

受け取った履歴書から
スタッフカードという企業に紹介するための書類を作って

こんな人材がいてますけどーって感じで
企業にメールで送って返事待つだけ。

仕事としては
最初は大変でしたが

一連の流れを覚えてしまえば
超ラクです。

肉体的には…。

ただ精神的には
超キツい仕事です。

とにかく
電話が四六時中、鳴る。

鳴りっぱなす!

働いてもらっているスタッフ+派遣先の会社から。

  • 休みたい
  • ○○くんが来てないよ!
  • 現場に人が足りない、何とかしてくれ
  • お金がないので前借りさせてほしい

基本、聞きたくない内容の電話が9割ぐらいで。

携帯電話で耳を押さえ過ぎて
耳が痛くなったり

中耳炎になるぐらい
電話がかかってくる。

ヒドイ時は夜中の2時とかでも平気で電話してくる。

さらに

どれだけ自分が
色んな事を計算して
効率良く仕事をしても

一人のスタッフが仕事を休むと

全ての責任がこっちにくる…

「現場に人おらんぞ!どーすんねん!」

「とりあえず、お前が来い!お前が来て働け!」

「われ、なめとんのか…」

マジで大袈裟じゃなく、
↑ぐらいの大阪弁で

メッチャ文句言われます。

これもテレビの世界だけの話と思ってましたが…

僕は電話なのに
ペコペコ頭を下げて謝ってました…。

派遣会社の担当という仕事…

洒落にならないくらい
精神的にキツい仕事です。

自分の意思に反した事が
高確率で起こりまくる

もう、リアルボコスカウォーズです。

(奇跡の運ゲーと言われたクソゲーw)

僕の後にも何人か
新入社員は入ってきていたのですが

みんな、この

クソゲー的な仕事内容…

自分のミスじゃないミスで怒られまくる理不尽さ

+電話地獄に耐え切れず辞めました。

僕自身、最初は
「勘違いパワー」によって

この精神的労働の辛さを
乗り越えることが出来ましたが

給料が上がらないと聞いて
モチベがダウンして

その精神的労働に
かなり参ってきていました。

「ここで働き続けても、給料上がらない」

「理不尽にキレられる」

「暮らしはラクにならない」

いっその事、転職するか…

なんてことも考えましたが

ただ、僕はまたしても意味不明な人情モードに突入。

僕を社員に引き上げてくれたSさんがいる限り

俺もここで頑張ろう…

↑本当に超非合理的なのに

なぜか僕は「恩人」のSさんを裏切ることはできない!

という心境になって

その後も
給料が上がらないことを承知で
そのまま仕事を続けていたのです。

サラリーマンとしての葛藤

毎朝、7:30に起きて会社に行かなきゃいけない…

出勤時間、車が混むんだよなー

出社に対するストレス

毎日、誰かがどこかでミスって理不尽に怒られるストレス

会社での人間関係のストレス

定時になっても絶対に帰ることができないストレス

そんなストレスまみれの状態で家に帰っても
嫁から少しでも小言を言われてストレス

「家族(子供)が一番大切だ!」本心でそう思っているが、

自分が父親として
一家の大黒柱の責任を果たさないといけないという重圧のストレス

働けど、働けど
給料が上がらない現実。

毎月の安定した給料のために
正社員として働いているのに

「お金がない」

矛盾した悩みが
永遠に続くストレス。

ストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレスストレス

当時の僕は「たばこ」を吸っていたのですが

一日に2箱

スパスパスパスパ

たばこを吸っていました…

仲の良い同僚は

「カワノは、たばこ食べてるよねw」

って言ってました。

(食べるか!アホ!)

車に乗ってハンドルを持つと

「おらー!前の車、はよいかんかい!」


キレまくり…
人格が豹変する…。

知らぬ間に「ビンボーゆすり」が酷くなる。

嫁に「親父臭い」って言われ出す…

会社に行って
家に帰って飯食って風呂入って寝る

ただただ
それだけの毎日…。

贅沢もできない…

節約節約の生活…

家族を守るために
これがフツーなのだ…

考えない…

考えない…

「これでいいのだ…」

「これでいいのだ…」

当時の僕は
そう、自分に言い聞かせてました。

でも、夜な夜な
お酒を飲みながら

もぉ゛~~~
俺、こんなに頑張っているのに

なんで、お金ないの?

俺、こんな人生でええんかい!?

なんなんだチクショー!

サラリーマンとして生きている自分を

「俺は、大人だ。我慢だ…」

「これがサラリーマンというものなんだ」

無理矢理、肯定しながら…

自分の手のひらから、
大切な「いのちのしずく」が

確実にこぼれ落ちていっていることを認識しながら

生きていました。

葛藤していました。

そんなサラリーマン生活を6年…

そして悪夢が訪れたのです。

↓続き

【人生の強制リセットボタン】お前の今までの努力は無駄!と告げられた日