【ときめき度ゼロ】ミュージシャンになる!と言い出した青春時代のカワノ

得意なこと「ケンカ」とか書いてるファミコンばっかりしてた小学生時代〜

前回のプロフィールからの続きです。

ヤンキーたちから
3年間、いじめられ

何とか耐えた中学生活も
終わりに差し掛かった2学期。

相変わらず、勉強もできない
チビでデブだった

レトロゲームマニアじゃない頃のカワノ

成績はオール1~2

「勉強したくない高校に行きたくない」

「働く」

と僕は親に言いました。

しかし、
「高校だけは行ってくれ」
と母親に涙ながら諭され

僕は高校に行くことにしました。

気乗りしないまま
高校受験。

友人から借りたゲームボーイで
勉強すると言いながら

隠れて
役満ばっかりやってた記憶がある。

役満 やくまん

役満 やくまん

4,800円(12/05 15:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

勉強が本当に嫌いだった。

僕は名前さえ書けば、
ほぼ100%受かると言われている

偏差値30代の
超バカ高校に受験しました。

そして高校に受かるのですが、
超バカ高校…

もちろんヤンキー比率が高いわけです。

高校に行って

「またヤンキーたちに目を付けられて、いじめられたらどーしよう…」

僕は不安でした。

しかし、
超ラッキーなことにその高校は
やたらとヤンキーに厳しく

入学して早々、
目立ったことをするヤンキーたちは
停学→そのまま退学処分。

入学して一ヵ月後には、
ヤンキーが一掃されていました。

僕と同じように
ヤンキーじゃないけど
勉強できない子たちばっかりになってました。

たまたまですが、
僕は運よくいじめに遭わずに
超平和な高校生活を送ることができました。

もちろん元々が勉強嫌いなので
あまり真面目に通学してませんでした。

高校生になった僕は
ソッコーでバイトを始めました。

自分で色々と遊ぶための小遣い稼ぎです!

そして、当時出た

NEOGEO100メガショック

  • 餓狼伝説スペシャル


どハマりしました。

特にダックキングというキャラの

ブレイクスパイラルという
超必殺技に感動しました。

この超必殺技のコマンドが難しいんだ、これまた。

⬅️↙️⬇️↘️➡️↗️⬇️+BCボタン

これを極めるために
本当、何千回とプレイしました。

学校をサボって
朝からゲームセンターに行きまくってましたw

高校生の頃は
ほっとんどファミコン(スーパーファミコン)
してなかった…。

学校は
なんとか出席日数ギリギリで登校して

テストの点数などは
先生のお情けもあって

無事に3年で高校を卒業することができました。

しかし、高校生の頃の僕は
いじめられることなく
平和な高校生活を過ごせましたが…

学校サボって
ゲームセンターばっかり行ってたこと

中学時代に相当にひん曲がった性格+自分への自信のなさから

友達もあまりできず

女の子としゃべるなんてもってのほか。

もちろん、彼女はできず…。

青春と呼ぶには
あまりにも寂しすぎる高校生活でした。

( ;∀;)

まぁ、当時の僕は
時代を先駆けて「厨二病」だったので

「別に、彼女いらねーし」

「女のこと、興味ねーし」

とか、意味不明な強がりを言ってました。

本当は死に程、
女の子に興味があって

楽しく話をしたい!
と思っていたのですが、

中学生の頃に形成された
ネガティブマインドによって

僕は自分の欲求にすら
素直になれず、

意味不明にプライドだけ高い
そのクセ、

  • 勉強もできない
  • コミュ力もない
  • スポーツもできない

何もできないポンコツ社会人となっていくのであった。

就職氷河期だから就職しません

無事になんとか3年で
高校を卒業できたカワノ。

だが、当時は
就職氷河期と呼ばれていた時代で

高校卒業→就職

という流れで
社会人になるパターンは少なく

高校卒業→フリーター

になるのが
高卒低学歴の若者の間で
流行っていました。

僕も例にもれなく…

高校生の頃から行っていた
飲食店の調理補助のバイトで

月10万円稼ぐか稼がないかの収入で
フリーター

そして実家暮らしをしていました。

(家にお金入れないポンコツっぷり)

そしてこの頃の僕は
社会人として働いていないのは

俺はミュージシャンになる夢があるからな!


ほざいていました。

高校3年生の頃
ある日突如、何かせねば!
という厨二病特有の

「俺には選ばれし者の才能がある」

みたいな勘違い全開で
ギターをはじめたのです。

(まぁ、本心は女の子にモテたかっただけですが)

で、
ミュージシャンになるとか言いながらも

  • 週5くらいでお気楽にバイトで働く
  • 友人たちと頻繁にパチスロに行く
  • プレイステーションばっかりして遊ぶ
  • 週に1回だけ、バンドで音楽の練習する

みたいな

ダラダラダラダラダラダラ
した時間を過ごしていました。

しかし、本当にこの頃は
プレイステーションばっかりやってたな〜

バイオハザード

バイオハザード

Amazonの情報を掲載しています
ボクサーズロード

ボクサーズロード

9,980円(12/05 01:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

溜まり場と化した
カワノ家の実家で

バンド仲間と
徹夜でゲームばっかりしてた…。

俺は人生の最も頑張るべき時に遊びほうけていた…

そして気づいた時には

僕は26歳になっていました…。

周りを見渡した時に
僕みたいに夢を追いかけているふりをして

フリーターをやっているヤツは
もういませんでした。

みんな、いつの間にか就職して
社会人になっていたのです。

いつまで経っても月10万円前後のアルバイト生活。

パチスロやり過ぎて
消費者金融で30万円ぐらいの借金もありました。

さすがに危機感を覚えた僕も

「俺も就職しないといけないのかな…」

考えるようになりました。

ミュージシャンになるとか言っていたのに
バンド活動もしてない…

え、俺、まだ自分の夢に対して本気出してないんだけど!

マジで冗談でも、ギャグでもなく
僕は26歳にもなって

自分がやりたい事として選んだ音楽という夢さえ

真剣に向き合えていなかったことに
初めて気づいてしまったのです。

人生において
最も大事な18歳~26歳までの期間を…

若いから、
色んな事にチャレンジしても
許される黄金期を

「あああああああああ、俺は何をやっていたんだ!今まで!」

ポンコツの僕は
本気で夢を追いかけるわけでもなく…

ただただ遊んで
時間を無駄に過ごしてしまったのです…。

↑今の43歳の僕がひいき目に見ても、

この頃の自分のダラダラしてるっぷりはマジで酷かった…。

もし、タイムマシーンが開発されて
たった1回、5分だけ過去に戻れるなら

僕はあの頃の自分を
思いっきり殴り倒しに行きたいです。

説教したいです。

それぐらい、この時の自分に対して

「時間を無駄にするんじゃねー!!!!」

と教えたいです。

今でも激しい怒りを覚えてしまいます…。

話を戻します。

とにかく僕は周りの友人がみんな就職してしまっただけで

簡単に自分の夢も諦めてしまう

「自分の夢にすら本気になって向かっていけない」

ポンコツ野郎なのでした。

さらに
親・兄弟・親戚・周りの友人から、

「いつまでフラフラしてるんだ。お前は?」

そういう風に言われ続けたことが
ボディーブローのように効いてきて…

次第に自分の中でも

「25歳にもなって、社会人として、正社員として働いてないのってどうなの?」

常識というものに
怯えるようになりました。

このままでは、ヤバい…

漠然とした危機感でしたが…

自分も周りの同世代の人らと同じように
正社員として働こう。

就職する決意をしたのでした。

しかし、この時

今後、俺は

行動しなくて後悔することだけは、もう絶対にやらんとこう!

音楽の夢を諦めることと引き換えに
その教訓を胸に深く刻んだのでした。

↓続く

【ブラック企業への旅立ち】ロープレが大っ嫌いになった社会人カワノ