Pocket

 

はい、どうもカワノです。

 

今日はファミコンソフト

キョンシーズ2のお話をしていきたいと思います。

 

こちらのゲームは1987年に

TAITOから発売されたゲームなんですが、

当時、小学生だった僕はこのゲーム

興味がなくて、

華麗なまでにスルー

一切触れることなく

30年以上が経過しました。

そしてなんの因果か・・・

今日、僕はこのゲームをすることになります・・・

 

部下が電池交換したソフトを

セーブがちゃんとできるか

チェックするためプレイしてみたのです。

それがまさか

あんな事になるなんて・・・・

 

それでは語っていきたいと思います。

キョンシーってなんぞや?

そもそもこの記事をここまで読んでくれているあなたに

キョンシーって何?

霊幻道士?

ってことを説明する必要はないと思うのですがw

 

それではあまりにも不親切なので

少しキョンシーの説明をします。

なんでしょうか、メッチャ流行りましたね。

キョンシー

 

今でいうバイオハザード的な

いや、ちょっと違うかw

 

とにかく死者が蘇り、人間を襲う

バイオハザードで言えば、ゾンビの位置付け

それがキョンシーです。

 

 

キョンシーは力がすごい(人間の50倍くらい)

関節が曲がらない

噛まれると自分もキョンシーになる

おデコにお札を貼られると戦闘不能になる

え〜あとは思い出せんw

 

でも、まぁ要点はそんな感じです。

 

当時の小学生の間で

このキョンシーが爆発的に流行りまして・・・

キョンシーの真似してピョンピョン跳ねるヤツや

キョンシーをやっつける道士の真似をして

お経(みたいなの)を唱えるヤツなど

霊幻道士ごっこが日本中で大流行したのです。

 

それに乗じてゲームソフトが販売される

当時としては当然の流れですよね(笑)

 

で、このゲームの評価というのは

クソゲーという判定だった模様です。

カワノ的に何がツボったのか!?

先述した背景があって

40歳にもなって僕は

キョンシーズ2を初プレイしてみたのだが、

もちろんNO説明書状態で

 

プレイしてみると

なんのストーリー説明もなく

いきなりこれ

 

 

真ん中の白い服きたのが主人公なんだけど

いきなりフリー

 

え、これどうすんの?

と横の部下に聞いたところ

「マンホールにキョンシーおるよ」

と一言。

 

マンホールの上でBボタンを押すと

いきなり画面暗転・・・

真っ暗で何も見えない中で

敵(キョンシー)にボコボコ殴られ

主人公死亡・・・

 

GAME OVER

 

え、ウソ

意味わからね〜

 

部下、ゲラゲラ笑うw

 

その時、僕のドM魂に火がついた。

 

「なんやねん!これ!ちょセーブ確認も出来てへんし、もっかいさせろや!」

と、ゲーム下手すぎて死んでしまった恥ずかしさを

大きな声でごまかしながら・・・

 

スタートを押して

ゲーム再開。

 

同じことを繰り返し

20秒ぐらいでGAME OVER

 

また部下、ゲラゲラ笑うw

 

アカン

町の人に話聞いて

ちゃんとプレイしよう

と改めてプレイしてみるのだが・・・

 

町の人

なんも喋ってくれない・・・

というか

そもそもこのゲームのクリア条件何?

 

ドラクエなら

最初にストーリー説明があるわけで・・・

スーパーマリオなら

ストーリーの説明がなくても

右に進んで行くのだな!

と直感的にわかるもんなんだけど

 

なんだこのキョンシーズ2

限りなくノーヒント・・・

 

「意味わからんわ」

「意味わからんわ」

を連呼していたら、

見かねた部下が横でググってくれて

色々と教えてくれた。

 

そして部下から司令を受け

ゲームをプレイするカワノ。

 

「次は右っす」

「あ、そこの店に入って下さい」

もはや操り人形状態のカワノw

 

しかし、プレイしながら

僕としても

コレ、当時の小学生たちは

どうやってクリアしたの?

という疑問が止まらない。

 

何にもないところで

「みる」コマンドを選んで

アイテムゲットするなんて当たり前

 

コマンドに「つよさ」があるんだけど

その項目に????ってのがあって

それを「とあること」をして上げていかないと

重要アイテムゲット出来ないとか・・・・

 

難しいと言うか

情報量が少なくて

マジ無理ゲー

 

と思いながらも

部下に言われるがままに

1時間ほどプレイすると、

中ボス的なキャラを倒した!

 

よっしゃ!

ええ感じやんけ!

クリアできるんちゃうけ!?

と興奮して部下に言ったところ

 

あ、あとこの中ボス的な感じが

4回続きまして、大ボスを倒せば

一人目の主人公はクリアっす。

そして主人公があと3人いるので

全く同じことゼロからやって

それを3回やって

真のエンディングっす

 

・・・

・・

 

チーン・・・

 

さて、セーブできてるか

確認して今日は帰るか・・・

 

こうして僕のキョンシーズ2の挑戦は終わったのである・・・

最後に

いや〜、

ゲームクリアまで行かなくて残念だけど

せっかく中ボスを倒して

気持ちが乗ってきたときに

部下のあの言い方・・・

 

あれでモチベを維持するのはキツイ・・・

 

だけど、

プレイしていて

やり込み度の部分や

敵との戦いを攻略することなど

ゲームの進め方さえわかっていれば

とても楽しかった。

 

機会があれば、

もう一度クリアに向けて

チャレンジしたい・・・

 

かも。

(笑)

 

ちなみに僕としては

敵にデブのキョンシーが出てくるんだけど

こいつがまた強いんだわw

 

ググった他のサイト情報によると

この太ったキョンシーは

署長キョンシーというキャラで

 

映画では、

警察官の署長がキョンシーに噛まれて

キョンシー化してしまって

コミカルに出てくるというシーンがあるみたいなんですが

 

どうもこの署長

お尻を噛まれてキョンシー化してしまったみたいでw

 

どんなんやねん!?

っとツッコミをいれつつ

今日は筆を置きたいと思います。

 

キョンシーズ2

かなり面白いので是非、チャレンジしてみて下さい!

 

ちなみに映画はこちら

無駄にデジタルリマスターされているのがスゴイ!(笑)

ーーーーーーーーーーーー

ゲームソフトが¥100で買える!?

ついにレトロゲームマニア発
究極のゲームストアが完成しました!

え、どこのネットショップでも
メンテナンスされたファミコンソフトなら
1本¥300ぐらいしますけど・・・

ウチのサイトなら
¥100〜です!

あなたに
昔のゲームを気軽に楽しんでもらいたい!
だから、ほとんどのゲームソフトを
ほぼ¥500以下の値段で販売する!

俺は日本一、
いや世界一のゲーム販売者になる!
だから非常識な値段設定です!

レトロゲームマニアのゲームストア
↑ ↑ ↑
こちら

ーーーーーーーー
The following two tabs change content below.
kawano

kawano

店主のカワノと申します。ファミコン・スーパーファミコンをこよなく愛するアラフォーです。レトロゲーム業界の革命児として日夜、ソフトのメンテナンス・電池交換に明け暮れております。