どうも、
レトロゲームマニアのカワノです。

本日は海外版のスーパーファミコンカセット

Super Nintendo Entertainment System(スーパー・ニンテンドー・エンターテインメント・システム)通称:SNES

↑これ

なんと、このソフトが日本版のスーパーファミコン

スーパーファミコン(本体)

スーパーファミコン(本体)

24,000円(06/28 07:53時点)
Amazonの情報を掲載しています


簡単にプレイすることができる!

北米版の実機がなくても

遊べるんだぜー!

というお話です!

興味のある人は
是非、読んで下さい!

普通は遊べません!

さて、
では、実際に

この海外版のスーパーファミコン用ソフト

日本のスーパーファミコンに差し込もうとしても…

もちろん、カセット規格サイズは合ってないので

カセットは差さりません。

さすが海外版…
BIGサイズで入らない…。

くっ!
下ネタを言ってる場合じゃねー!

結局は結構、高いお金出して
海外版のスーパーファミコン

SNESを買わなきゃ
この海外版のウルトラマンで遊べないのか…

諦めかけたその時…

僕の頭の中には、必ずこの一コマが出てきます。

そうだ!
諦めてはいかん!

何か突破口があるはず!

気を取り直して
もう一度、SNES版のカセットを眺めていたら

ん?
よく見ると海外版SFCのカセット

日本版のSFCカセットと同じネジで止まってない?

ってことに気づいて

いつものDTC-20を突っ込んでみたところ…

ビンゴっ!

よし、とりあえずカセット分解してみよう。

何でもかんでも分解癖のあるカワノ。

パカっと開封してみたら

ん〜開けてみても
さっぱりわからん!笑

でも、基盤をよく見てみると…

ん?
これ、日本版のSFCと同じ形状の基盤じゃね?

さすが、SFCカセットを何万本と開封してきた男
レトロゲームマニアカワノ!

早速、手元にあったセーラームーンを開けて比べてみる。

(なぜ!セーラームーンなのだっ!!と突っ込まれても手元にあったのだから、しょうがないw)

んんん!!
やっぱり基盤のカタチ

一緒じゃね!?

そして、僕は…

おおおおお!
笑けるぐらいピッタリやんけっ!

そして元通りにして
差し込んでみる!

普通に差し込みOK

バッチリハマった

さて、電源を入れてみるか…

大丈夫かな…

アメリカと日本って
電気製品の電圧とか、違ってたような…

ショートとか、
せんかな…

カセット壊れへんかな…

えーい!
ままよっ!

電源ON!

そしてテレビ画面には

・・・

・・

普通に映るやんけっ!

やったー!

これで海外版のウルトラマン

やり放題じゃ!

と言うことで

まとめ

海外版スーパーニンテンドーのカセット

このDTC-20のドライバーさえあれば!

本体をわざわざ買わなくても

中の基盤を日本版スーパーファミコンのカセットの中身と入れ替えるだけで!

お手持ちのスーパーファミコンで遊べる!

という情報でした!

P.S.

海外版のロープレとか

英語ばっかりで訳わからんのやろうな〜

全く英語読まれへんけど

一回、やってみたい気もするw

ブログ管理人カワノの恥ずかしい過去の話

ブリーフ一丁でファミコンばっかりしてた小学生時代〜

気になった人は↑をクリック!